花粉症の治療法は症状によって異なりますが、一般的に使用されているのは以下のようなものです。 ・薬物療法 ・手術 ・免疫療法 よく使用されるのが、薬を用いた薬物療法です。 花粉症に効果がある薬を使用することで、症状を緩和することができます。 ただし、治療薬ではないので、花粉症を完全に治すというものではありません。 あくまでも、症状の緩和を目的としている薬です。 また、症状があまりにも酷い場合には、外科的手術を行う可能性もあります。 鼻の通りを良くしたり、鼻水の分泌を抑えたりする手術や結膜を切除する手術などを行います。 ただ、手術を行うケースは非常に稀で、普通は薬物療法で症状を抑えられるはずです。 それに、免疫療法と呼ばれる治療を行う場合もあります。 免疫療法とは、アレルギー反応を引き起こす原因物質であるアレルゲンを反復注射して、免疫をつけるというものです。 アレルゲンには、スギ花粉が使用されることが多いでしょう。 免疫療法を行っている医療機関は少ないため、最寄の病院では受けられないこともあるかもしれません。